【セレオリってなに?】セレオリについて解説します!!【ファッション用語】

ファッション用語

セレオリって言葉聞いたことありませんか?

ファッションに興味を持ち始めた人は、ネットやSNS、もしくはリアル世界でファッションに詳しい友人などと話をすることで情報収集を行うと思います。

けど興味持ち始めた人が感じるのって、まず、意外と専門用語が多いなってことだと思います…。

いや、本当にね、ファッションって用語だらけなんですよ。。服の生地一つとっても、これだけでどんだけでも語れるくらい用語だらけなんです。

ファッション好きたちが語る言葉を覚えるだけでも精一杯ですよね?

わからない言葉は少しずつ覚えていきましょう。当ブログでは、そんなファッションに興味を持って、これからオシャレになろう!って人を応援します!!

 

本日のテーマは、セレオリです!

セレオリって聞いたことありませんか?多分聞いたことがあっても、あまり良い文脈で使われていない気がします。

ファッションオタクが「セレオリとかダサくて着てらんないわwww」とか言ってる感じの文脈でしょうね。。

 

セレオリの意味

結論から言うと、セレオリはセレクトショップオリジナルの略語です。

あれ?セレクトショップって商品をセレクトして販売しているお店のことじゃないの?

って思われるかもしれません。それはそれで正解です!

セレクトショップと言えば、本来は店自体では服の製作を行ったり、ブランドを持つことはしません。

セレクトショップのバイヤーと呼ばれる職種の方々が様々なブランドの展示会やアトリエに赴いて、ショップの雰囲気に合う商品をセレクトして、トータルで店全体をコーディネートします。

 

ネットが発達する以前はセレクトショップはまさにトレンドを作る立場でした。ファッションシーンのトレンドはセレクトショップやスタイリスト、雑誌の編集者によって作り出されていました。

しかし、ネットが発達するにつれて、消費者が直接情報を集めることが可能になると、情報の発信地点としてのセレクトショップの価値は落ちてきます。

そこでセレクトショップはより利益率の高い、自社オリジナル製品の販売へと舵を切ることとなります。

今はコンビニやスーパーでもオリジナル製品が数多く売られていますね!セブンイレブンだとセブンプレミアムとか。商品ってのは自社で生産したほうが基本的には利益率が高くなります。

 

生き残りを図って舵切られたオリジナル商品の販売ですが、現在では大手セレクトショップでは売上の半分〜8割はオリジナル商品と言われています。それくらいオリジナル商品が占める割合は大きいのです。

しかしブランドに比べて、セレクトショップはその業態の大きさゆえに、維持しなければいけない売上は大きいため、必然的によりマス層へ向けた商品企画を行わざるを得ません。

そこで起きたのがセレクトショップの同質化です。現在はどのセレクトショップもだいたい同じような商品を扱っています。その時々のトレンドに合わせたやや大衆向けの商品と行った感じです。

うーん、そう考えるとビジネスって奥が深いですね。。

一旦ここまでの話をまとめます!!

 

セレオリとは、セレクトショップオリジナル商品のことを指す。

オリジナル商品は他ブランドの商品を仕入れて売るセレクトよりも利益率が良い。

オリジナル商品は大衆向けの商品が多く、セレクトショップの同質化が進んだ。

さて、セレオリってネットだとダサいだの何だのよく言われてます。

本当にセレオリってダサいんでしょうか?そのあたりについて話していきましょう。

 

セレオリってダサいの?

結論ダサくないです。むしろ逆にオシャレです。かなりオシャレと言っていいです。

これは言い切ります。

 

まず、世の中には過激派なファッションオタクという種類の人々がいて、

そういう人たちはものすごくファッションに詳しくて、ものすごいファッションにお金を使っています。自分のことはとてもオシャレで、自分以外のことはオシャレじゃないと思っています。

そういう人たちは一部の高級なブランド以外の服は服じゃないと思っているようなとても過激な思想を持っています。

そういう人が言うセリフが「セレオリはダサい」です。その人達にとっては他人のファッションを貶めることで自尊心を高めているような人種なので基本的に関わらなくてOKです。

多分関わると無駄に消耗するので放置でいいです。オシャレは自分なりに楽しめばいいんです。

他人のファッションについてあーだこーだ言うのはナンセンスなのです。

 

セレクトショップのオリジナル製品を作っている人たちはとても服に詳しいですし、服の作り方にも詳しいです。

セレクトショップ全体の雰囲気を壊さないようにオリジナル商品のデザインやラインナップには細心の注意を払っています。

プロが作る商品がダサいわけがありません。今の時代はSNSの台頭で口コミってのはすぐ広まります。

本当にダサくて粗悪な商品だったら、すぐに潰れてしまいます。セレクトショップに言ってみたらわかりますが、本当にオシャレな商品ばかりが並んでいます!

セレオリでコーディネートを組む人は日本成人男子の平均よりも大きく上回るオシャレさんだと言って良いでしょう。大抵の人はファッションにそんなに興味ないですからね笑

 

ただし、セレオリの商品は多くの人に買ってもらえるように、あえて個性を多少削っています。

特徴的なデザインにすると、一部の人には好まれるが、それ以外の人には売れなくなってしまい、店を維持するのが難しくなってしまうからです。

個性的な服が欲しい人には向かない、ということだけは覚えておいてください。

 

ポイントをまとめます!

 

セレオリの商品はオシャレ!

過激なファッションオタクには気をつけろ!

個性的な服が欲しい人はセレオリは向かない!

 

まとめ

はい、本日はセレオリという言葉について解説してみました。

セレオリという言葉はあまり良いイメージで使われない言葉ですが、それは誤解だということがわかっていただけたでしょうか?

セレクトショップで服を揃えるだけでかなりオシャレな人になれます!

店員さんと仲良くなれば、いろんなブランドについても教えてもらえますしね!

セレクトショップを有効活用してファッションライフを楽しんでいきましょう!

今日はここまで!そんじゃーね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました