並行輸入品って何ですか?【お買い物のコツ】

雑談

並行輸入品って文字見かけませんか?

やっほー!今日はまたファッション関連の疑問にお答えしていくよー!

ファッションというかネットショッピング全般に関する質問かな。

みなさん、楽天とかAmazonでお買い物するときに【並行輸入品】って文字を見かけたことはありませんか?

そして、その場合、その商品は海外のブランド商品であり、日本で正規品を買うより安くなっていると思います。

え、お店で買うとあんなに高いのにネットだとなんて安いの!?もしかして偽物!?やだ!買わない!

ってなるんじゃないですか?

そんな、そこのアナタ!もしかしたら損しているかもしれませんよ?

並行輸入品は使い方さえ間違えなければとってもお得に商品を買うことができます。

今日はそれについて説明していきましょう。

 

そもそも並行輸入品とは

海外のブランドを街中やネットで簡単に買えるのは、実はそんなに普通のことではないのです。

服に限った話ではないですが、世の中には実際に海外の現地でしか買えないものや、英語や中国語の通販サイトでしか買えないものなんてたっくさんあります。

簡単に買えるのは誰かが簡単に買えるようにしてくれているからなんですね。

もちろん買えるようにした人は日本にはマーケットがあって、売れると思ったからそうしたわけです。

大手ブランドの場合は例えば以下のようなパターンで海外に市場を開拓します。

  1. 現地で販売網を持つ会社と契約して、販売を委託する
  2. 海外に支社(法人)を設立して販売網を築く

1の場合は契約さえ結べば良いので、あまりお金がかかりませんが、

あくまで別の会社が販売するため、その実務を完全にコントロールすることはできません。

契約の範囲外のことは全て販売代理店に委ねられています。

ブランドイメージなどを完全に自社で維持したい場合はあまり向かないでしょう。

2の場合は資金が必要ですし、拠点を増やすのはマネジメントコストの増加を招くので、

労力がかかりますが、それを賄える体力がある会社にとってはこちらの方がメリットがあるでしょう。

 

とまあ、こんな感じで無事に日本で商品を購入することができるようになりました。

購入する価格はブランドイメージの観点から海外の本社の方で日本での販売価格が決められるので、

自由にセールなどをすることは基本的には難しいはずです。

これが正規品というやつです。

では並行輸入品って何物なんでしょうか?

並行輸入品は代理店契約をせずに、海外の正規品を現地で直接購入し、日本に持ち込んで販売することを指します。

つまり、並行輸入品は本物のブランド品であって、偽物ではないのです。

なんで並行輸入品は安いの?

代理店契約を結んだ場合、多くの場合は海外のブランドから販売ノルマを課されます。

販売ノルマ以上に商品を購入しない場合は罰則があったり、代理店契約自体を解除されることになるでしょう。

従って、代理店側は在庫リスク分を商品価格に反映させますし、代理店の場合、日本でのカスタマーサポートなども行う必要があるので、ある程度利ざやを乗せる必要があるのです。

 

並行輸入品の場合は販売ノルマを課されることはないので、自分で確実に販売できる量を仕入れればよいので、そのリスク分を価格に反映させる必要はありませんし、カスタマーサポートも不要です。

なので、日本で正規品を買うよりも安く仕入れることが可能なのです。

また日本での販売価格は、日本での物価を考慮した日本独自の販売価格になっており、海外で正規品を買うほうが安いケースが多いです。

 

だったら全部並行輸入品でいいじゃん!

並行輸入品の方がお得なら、全部並行輸入品でいいんだ!わざわざ高い正規品なんて買う必要はない!

と思いますよね?そうです。そうなんです。

まあ、そんな上手い話はないんですよ。もちろんデメリットはいくつかあります。

  1. 本当に海外で購入した正規品とは限らない
  2. サポートを受けられない
  3. 商品の仕様が海外向けになっている

主にこの3点がデメリットになります。

 

本当に海外で購入した正規品とは限らない

これが一番コワイ所ですが、並行輸入品が危ない、という印象はここにあります。

偽物の可能性が全くないとは言い切れない所です。

日本の正規品が偽物であることは絶対にありえませんが、小さな個人がやっているネットショップで偽物を買わされるのはありえない話ではありません。

正規取扱店以外から買うときは、

  • 友人が既に購入済みで確実に本物であることがわかっている
  • Amazonや楽天の場合はレビューを参考にする
  • 返品に関する規則などに良く目を通す

以上のことに充分留意しましょう。日本以外のネットショップがアメリカから並行輸入品を扱っているケースの場合、トラブルになった場合は外国語で対応する必要があって、泣き寝入りせざるを得なくなることもあります。

本当に安心できるときに限り、購入しましょう。

 

サポートを受けられない

ブランド品によっては、修理などを無償で受け付けてもらえる場合があります。

しかしその場合、商品に付属の保証書が必須になっており、並行輸入品の場合はサポートを受けられない場合があります。

公式ではない方法で修理した場合は商品自体が破損したりする恐れもあるので、充分に注意してください。

自分で確実に修理する方法があるときや、最悪壊れても良い場合は気にしなくて良いと思います。

 

商品の仕様が海外向けになっている

これもよくあるケースです。

特に大手のブランドの場合、日本で販売している商品が日本人の体型に合わせたものになっていることが良くあります。

逆に日本向けの方が品質が良い場合もあります。国ごとに仕様を変えているブランドの場合、

海外からの輸入品で、確実に本物であっても、日本の正規品よりも質が悪くなってしまいます。

特に靴の場合は日本人は甲高と言われており、海外品が足に合わない場合もあります。

せっかく安く手に入ったのに全然履けない…ということも考えられるのです。

 

ただし、ブランド自体が気に入っていてそんなに質は気にならない、というのであれば全く問題ないと思いますが、

そういうことがあり得る、というのは頭に入れておくべきかと思います。

 

まとめ

今日はネットショッピングでよく目にする並行輸入品について解説しました。

ちゃんと意味がわかっていれば、気をつけるべき点もわかりますし、

むしろお買い物をよりお得に楽しむことができます!!

筆者なりに注意すべきポイントもお話させていただきました。皆様のファッションライフに少しでも役立てていただければ幸いです。

では本日はここまでとします!そんじゃーね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました